PMS症状改善に効果のある果物。バナナがPMSに良いって本当?

PMSの改善にはバランスの良い食事が大切です。
果物に含まれるビタミンやミネラルは体の調子を整える働きがあるので、肌荒れや吹き出物、むくみ、寝つきが悪くなる、疲れやすさなど体の不調を和らげるだけでなく、イライラするなど心の不調も和らげます

また生理前は甘いものが欲しくなりますが、チョコやクッキーは糖分と脂肪が多く、ビタミンやミネラルの消費量を増やし、さらにPMSの症状を悪化させます。
果物は適量であれば、ビタミンやミネラルだけでなく糖分も補えるので菓子類の過食も抑えられます

PMSの改善効果があると言われている果物を紹介します。




いちご

いちごはビタミンCが多いので、5~6個で1日に必要な量が補えます。
ビタミンCには肌トラブルの予防に効果があります。
またPMSはストレスが原因とも言われていますが、ストレスが多い人はビタミンCの消費量も増えてしまうので、いちごからビタミンCを補うことでPMSを緩和できます。

鉄や葉酸も多く、血液の材料でもある赤血球をつくるので貧血予防にも効果があります。

 

ブルーベリー

ブルーベリーの色素であるアントシアニンは抗酸化力が強く、ブルーベリーに含まれているビタミンEと一緒に摂ることで血液がサラサラになるので、冷え症改善になります。

クランベリー

クランベリーには腎臓の機能を活発にするプロアントシアニジンが含まれているので、むくみを解消する作用があります。
また抗酸化作用があるため悪玉コレステロールの生成を抑えるので、血流を促進してくれるので冷え症改善になります

 

グレープフルーツ

グレープフルーツの皮に含まれるリモネンという香りの成分には交感神経を刺激して体脂肪の燃焼を促進するほか、リラックス効果もあります。
クエン酸も多いので、疲労回復にも効果があります。
1個食べると1日に必要なビタミンCも補えます。

バナナ

バナナには果物の中でもカリウムが多いのでPMSのむくみの改善に効果があります。

PMSで便秘症状にもなりやすいですが、バナナには腸内のビフィズス菌を増やすオリゴ糖、整腸作用のある食物繊維のペクチンを含んでいるので、腸内環境を整えるため便秘の改善にもなります。

さらに精神安定のホルモンであるセロトニンの材料になる必須アミノ酸の1種であるトリプトファンやビタミンB6を含んでいます。

PMSの精神的な症状の主な原因は、脳内のセロトニン量不足であるため、バナナはイライラや体調不良を緩和してくれます

メロン

水分とカリウムが多く利尿作用があるのでむくみの改善になります。
メロンの甘味は吸収しやすいブドウ糖、果糖なので、早くエネルギーになり疲労回復になります

プルーン

プルーンは食物繊維、アントシアニン、β―カロテン、カリウム、鉄などビタミンやミネラルを多く含む果物です。
ドライフルーツになると生のよりも鉄は5倍、カリウムは2倍と増えるので、効率よく補えます。
鉄を補うことで酸素が全身にいきわたり、だるさや疲労感が改善します。
アントシアニンやβ―カロテンは抗酸化作用があるので血流を良くし、冷え症を改善してくれます

⇒管理栄養士が選ぶPMSサプリメントおすすめランキング