PMSやPMDDによる生理前の精神的なうつ症状に悩む女性には、産婦人科で処方された低用量ピルを服用している人もいます。

PMSに対する効き目やメリット、デメリットにはどのようなものがあるか解説します。




ピルとは?

ピルは産婦人科の処方箋のもとで買うことの出来る薬品で、女性ホルモン剤の一種です。

主に避妊のために処方されることから経口避妊薬と呼ばれています。

女性の生殖機能を司っている卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン類似ホルモン)が配合されています。

現在、日本で使われているピルは、ホルモンの含有量が少ない低用量ピルがほとんどです。

21錠タイプと28錠タイプがあります。

  • 21錠タイプ
    21錠すべてにホルモンが含まれていて、21日間服用して、その後7日間休みます。
  • 28錠タイプ
    ホルモンが含まれている21錠を21日間服用して、その後の7日間はホルモン成分が含まれていないプラセボを服用します。

低用量ピルの効用

低用量ピルは、含まれている女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が、身体の主に卵巣を刺激するこれら2種類のホルモン分泌量を調節します。

これによって、卵巣で卵胞が成熟仕切らずに、排卵を抑制します。

排卵が抑制されることによって、避妊効果があり、副効用として女性ホルモンの分泌量の波が、ひと月を通じてほぼ一定に保たれるようになります。

また、排卵が無いことで、子宮内膜も厚くならないので、生理痛が軽減されたり経血の量が減ったりします。

 

低用量ピルがなぜPMS・PMDD改善に効果があるか

月経前症候群PMSやその症状が重度なPMDDの主な原因は、主に女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)の分泌量の波によると考えられています。

生理後から排卵が起こるまでには、卵胞ホルモンであるプロゲステロンが多く分泌されますが、排卵が終わった段階で、急激に卵胞ホルモンの分泌量が減少します。

これによって、脳内の幸福感や高揚感を感じさせるセロトニン(幸せホルモンと呼ばれる)という神経伝達物質の分泌量が減少し、幸福感が急減して、鬱のような抑うつ感が生まれます。

 

また、排卵後から月経までは黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されるようになります。

黄体ホルモンには抑うつ感を改善する効用もあるのですが、ストレスや栄養不足などによって黄体ホルモンの質や量が低下することで、さらに抑うつ感が増していきます。

 

こういったPMSの原因に対して、低用量ピルを服用することで避妊以外の副効用として、女性ホルモンの分泌量が常に一定になり、生理前にうつ病のような精神状態になるのを防ぐことが出来るのです。

低用量ピルの入手方法、買い方

低用量ピルは、産婦人科の処方箋が無ければ薬局で買うことが出来ません。

PMSやPMDD改善のために低用量ピルを処方しほしいと産婦人科に相談することで処方してもらえるでしょう。

28錠タイプを処方されることが多いですが、費用は保険を適用しておよそ2000~3000円です。(プラス診察料)

月に5000円くらいといったところでしょう。

 

外国では、処方箋が無くても購入できる国がありますが、ホルモン含有量が多いと副作用が大きかったり、女性のとても大事な機能を変化させる薬ですので、個人輸入などはやめておきましょう。

 

低用量ピルの副作用やデメリット

ピルの副作用としては、特に飲み始めの3ヶ月間ほどによく見られるそうで、頭痛、吐き気、膣からの不正出血などが起こったり、極稀に血管が塞がれる血栓が出来ることがあるようです。

また、ピルを飲み続けることで、太りやすい体質になったという女性は多くいるようです。

なお、ピルは乳がんの発生率を高めるという話もありますが、現段階では医学的に証明されてはいないようです。




低用量ピルはPMS・PMDDの根本的な解決にはならない

以上のように、低用量ピルはPMS・PMDDの症状を緩和させる効果がありますが、

これはあくまでも対処療法によるものなので、症状の原因の根本的な解決にはなりません。

ピルの服用を止めると、また重いPMS症状に悩まされることになる可能性が高いです。

 

精神的に辛い症状が非常に重い場合には、ピルによる症状緩和をしつつ、サプリや食事による根本的な体質改善をしていくのが重要です。

私が3ヶ月飲み続けてPMS・PMDDを改善させたサプリ「ルナベリー」

私は身体面でも精神面でもPMS症状が結構重くて悩んでいました。

心療内科や婦人科に通ったこともありますが、根本的な改善にはならず。。。

そんなときに飲み始めて効果があったのがルナベリーというサプリでした。

nikkei-woman

元々は日経WOMANという雑誌で「PMSを改善させるサプリ」として紹介されていて知ったのがキッカケです。

120日間全額返金保証というキャンペーンをやっていて、まあ4ヶ月飲み続けてみて効果が無かったら返金してもらえばいいかなーという感じで飲み始めたら、私の身体にとてもあっていたのか、すごい効果があります。

PMS改善のサプリや薬には、プレフェミンやルナテアなど他の商品もあるようですが、管理栄養士の目から見ると栄養成分的にはルナベリーが一番良いと思います。

飲み始めて1ヶ月くらいで明らかにPMS症状(私の場合は、イライラ・不安感・うつ・関節痛など)がかなり良くなったので、PMS改善には確かに効果があると思います。

 

lunaberry1

こんな感じの袋です。30粒入りで、1日1粒なので1袋で1ヶ月分ですね。

私はルナベリーでかなりPMSが改善したので既に3ヶ月飲み続けています。

lunaberry2

成分表には、月見草油(γ-リノレン酸)やチェストベリーエキス、イソフラボンなどPMS改善に効果があると言われている成分が記載されています。

lunaberry3

ルナベリー1粒はこの位の大きさです。ちょっと大きめですが、水で普通に飲めます。

生理前の鬱に効果のあるルナベリー

2017年2月現在でも、120日間全額返金保証をやっているようですね。

4ヶ月飲み続けてみて、効果が感じられなければ全額返金されるので、試してみる分には損はないのが良いところ。

※全額返金には、同封されている「納品書と商品パッケージ」を捨てずに保管しておく必要があるとのことです。

ルナリズム

⇒私が飲んでるオススメPMS改善サプリ「ルナベリー」の詳細