生理前の鬱PMSやPMDDにホメオパシーという治療方法が効果があると言われていますが、一部では偽医療・ニセ医学とも言われています。

実際のところどうなのか調べてみました。




ホメオパシーとは

ホメオパシーは、今から200年前にドイツの医師ハーネマンがその生涯をかけて確立させた自己治癒力を使う同種療法です。同種療法の起源は古代ギリシャのヒポクラテスまでさかのぼることができ、「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」が根本原則になっています。

ハーネマンはこの「同種の法則」にプラスして、症状を起こすものを非常に薄め活性化(希釈振盪)して使うことにより、体に悪影響を与えることなく、症状だけを取っていくホメオパシー療法を完成させました。

たとえば、風邪を引くと体が発熱します。ホメオパシーでは、この熱に対し、熱を出す作用のあるものの情報パターンだけを体内に入れて熱には熱と同種で共鳴させ、あたかも熱が上がっているようにさせることで、身体はこんなに熱が出ては大変だと気づき、何とか治そうとして自己治癒力が触発され、自らの力で治って行きます。

このように同種療法のホメオパシーは、この自己治癒力の喚起を狙います。

ホメオパシーでは症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押しします。そうして初めて心身ともに健康になると考えます。 私達の心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、真の自分を取り戻し本来の自分を生きることができるようになる自然療法です。

日本ホメオパシー医学協会 ホメオパシーとは

 

近代西洋医学では、薬や手術などによって症状の出ている原因を取り除くことが基本的な治療法になりますが、

ホメオパシーは、症状を取り除くために、人間本来の自己治癒力を喚起する治療法ということです。

ホメオパシーの悪評について

ホメオパシー療法は19世紀には一世を風靡した新治療法だったようですが、西洋医学を始めとする科学一般が急速に進歩する中で、根拠の無いインチキ治療と認識されブームは去っていったようです。

その後は一部の人達の中で根強く人気をキープして現在まで引き継がれています。

 

日本でのホメオパシー治療による事件に「山口新生児ビタミンK欠乏性出血性死亡自己」があります。

ホメオパシー信者の助産師が、ビタミンKを必要として症状が出ている新生児に対して、ビタミンKではなくホメオパシーによる「レメディー」と呼ばれる薬を与えたために、新生児が亡くなってしまった事件です。

この事件がホメオパシー悪評の一旦にもなっているようで、「インチキ医学」「ニセ治療」などと揶揄されるようになっています。




ホメオパシーのPMS・PMDDに対する治療効果は疑問

私自身は医者ではありませんので医学的知識は乏しいです。

このサイトで解説しているPMS・PMDDの原因や治療方法なども、産婦人科や心療内科の先生に相談して聞いた話や様々な本を読んで知った内容になります。

ですので、ホメオパシー治療の是非や医学的効果などは正直わからないのですが、私が調べた限りでは、

「PMS・PMDDの治療効果や改善効果には疑問がある」ということでした。

 

簡単に言うと、効果があるという確かな情報はどこにも見つかりませんでした。

PMS・PMDDの根本的治療には、栄養療法による体質改善が必須ですので、そういう意味では身体の自然治癒力を喚起するというホメオパシーの効果には期待もありました。

しかし、ホメオパシー治療による自然治癒力喚起は、栄養療法のそれとはかなりアプローチが異なっていて、症状を一旦悪化させるという根拠のよくわからないものでした。

参考:PMS症状を総合的に改善するにはPMS用サプリメントがオススメです
⇒管理栄養士が選ぶPMS改善サプリメントおすすめランキング