生理前の寒気を改善したい。寒気が出るPMS症状の原因と改善方法

こんにちは!管理栄養士として働くPMS改善マニアのマリホといいます。
このサイトは、栄養学の観点から女性の健康について研究している仕事の一環としてPMS改善について私が学んだことを元に書いています。

 

さて月経前症候群PMSの身体的症状で、人によっては「寒気」症状に悩んでいます。

寒気を感じるPMS症状はどういうものか、原因や症状を緩和させる方法を紹介します。

参考:PMS症状を総合的に改善するにはPMS用サプリメントがオススメです
⇒管理栄養士が選ぶPMS改善サプリメントおすすめランキング

寒気を感じるPMSの具体的な症状について

PMS症状のある女性は、生理が始まる2週間くらい前から風邪の時のようなゾクゾクとした寒気が出てきます。

私自身も以前にPMSで悩んでいる時は、もともと冷え性という事もあり、寒気が強くなると体調が悪くなってしまうのでPMS期には外出するのさえ悩んでいました。

普段と同じような服装をするとゾクゾクし、冬の季節はもちろんですが、真夏でさえもエアコンなどがあると薄い上着を羽織ったりしていないと体が冷えてしまい身体が怠くなったりお腹を下してしまったりしました。

夜は布団の中でも寒気がして熟睡できません。
夏は少々厚手の毛布をお腹周りにかぶって寝れば解消できますが、冬は体温調節が非常に大変です。

生理前は眠気が強く出てくるのに、でも寒気で熟睡がしにくいという毎日を繰り返し、他のPMS症状まで出てきてしまうという悪循環になったりします。

 

生理前症候群PMSで寒気を感じる原因

私は寒気以外にも他の症状も酷かった為、産婦人科を受診しPMSの診断を受けました。
PMSには寒気以外にも色々な症状がありますので、それも含めて先生は詳しく説明してくださり、PMS期の寒気に関しては大きく2つの原因があるとおっしゃってました。

基礎体温が上がるため

寒気に関しては、生理前に下腹部の体温が高くなるため、いつもより外気との温度差を感じやすくなるというのが原因の1つとのことでした。
私の場合は基礎体温が高い為、更に外気との温度差を感じやすい体質だと言われました。

PMS期のホルモンバランスの乱れや鉄欠乏性による血行不良

もう一つの原因は、血行不良から来る体全体の冷えでした。

PMS期には女性ホルモンバランスが大きく変動する上に、着床準備のために子宮で多量の栄養素が消費されます。
体内では鉄分を始めとした各種栄養素が不足して、血行や酵素の循環が身体全体で悪くなります。

その結果として、免疫力の低下、新陳代謝の低下などが起こって、風邪っぽい症状である寒気を含めて、様々なPMS症状が出るとのことでした。




PMS症状の寒気を緩和させる方法

生理2週間くらい前のPMS期は、体と心はいつもの自分とは違うという自覚を持ち、余裕を持って自分自身と向き合う事が大切です。

身体を冷やさない

yoga

まず当たり前のようですが、寒気を防ぐためには身体を温める必要があります。

夏でもお腹周りを触ると冷たかったりしますので真夏でも冷えています。毎日ではなくてもせめて生理1週間くらい前から続けてみると症状も楽になります。

また、これは四季関係なく必ずやっていただきたいのですが、お風呂はシャワーだけでなはく湯船に浸かりしっかり体の中から温める事です。
またお風呂の後はストレッチやヨガが効果が高いそうです。

家の中で手軽に出来ますし、ゆっくり体の筋を伸ばすだけで本当に体がぽかぽかしてきて、そして体も軽くなり調子が良いのです。私は毎日たった5分程しかやっていませんが、生理1週間前から始めると効果テキメンです。

PMS症状を改善させる食生活を心がける

8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s

PMS期に寒気が出る症状の根本的な治し方は、生活習慣を見直してPMS症状の原因である2点を改善することです。

  1. PMS期の女性ホルモンバランスの乱れを抑える
  2. 栄養素を十分に摂取して血行不良・鉄分不足を補う

これらを改善するには、下記のような必要な栄養素を十分にとることが一番の近道です。

鉄分

鉄分はPMS期に最も不足する栄養素です。ヘム鉄と呼ばれる吸収されやすい動物性食品に含まれる鉄分を摂取しましょう。

鶏肉・豚肉・牛肉などの赤身や魚を食べるようにしましょう。

マグネシウム

ほうれん草や小松菜、煮干し、わかめ、納豆、アーモンドなどに含まれます。
1日270~290mgを目安に摂取しましょう。

ビタミンE

女性ホルモンのプロゲステロンの質と量を良くするためのビタミンEです。
アーモンド、ひまわり油、とうがらし、麦芽玄米、ココナッツオイルなどにビタミンEが多く含まれています。

PMS改善サプリによる補助も効果が高い

上記のような食生活は、私達の普段の生活で取り入れていくのはなかなか難しいものですので、サプリメントによる補助摂取がとても有効です。

PMS改善のための専用サプリであれば、ホルモンバランスの調整とPMS改善に必要な栄養素がまとめて摂取できます。

サプリを1〜2ヶ月飲み続けると、女性ホルモンの乱れや血流の乱れがだいぶ収まるはずです。

 

そして生理中も痛みが無く楽に過ごせます。是非試してみてください。

管理栄養士の観点から見て最もオススメなPMSサプリ「女性のミカタ」

私は身体面でも精神面でもPMS症状が結構重くて悩んでいました。

心療内科や婦人科に通ったこともありますが、根本的な改善にはならず。。。

そこで飲み始めたのがPMSサプリの女性のミカタ。

nikkei-woman

元々は日経WOMANという雑誌で「PMSを改善させるサプリ」が紹介されていて知ったのがキッカケです。

そこから15商品以上のPMSサプリや医薬品「プレフェミン」などの配合成分を全て比較してみたところ、管理栄養士の私の視点からみて、女性のミカタが成分・効果・コスパが最も良かったです。

pmsサプリの成分比較表
こんな感じでpmsサプリの成分比較をしてみました。

 

飲み始めて1ヶ月くらいで明らかにPMS症状(私の場合は、イライラ・不安感・うつ・関節痛など)が良くなったので、PMS改善には確かに効果があると思います。

PMSサプリの女性のミカタを飲んで3ヶ月目の効果レビュー

こんな感じの袋です。飲み始めて3ヶ月めです。
女性のミカタには、すこやか編・やすらぎ編と2種類があり、それぞれ配合成分が異なります。

すこやか編は身体的なPMS症状向け、やすらぎ編は精神的なPMS症状向けなのですが、どちらもPMS改善に必要な成分が含まれているので、私は両方購入しています。なので、1ヶ月で2袋ですね。

身体的な症状が強い方でも、精神的な症状が強い方でも、両方飲むことを私はオススメします。

PMSサプリの女性のミカタのすこやか編のレビュー

1粒はこの位の大きさです。ちょっと大きめですが、水で普通に飲めます。

PMSサプリの女性のミカタの成分表

成分表には、月見草油(γ-リノレン酸)やチェストベリーエキス、イソフラボンなどPMS改善に効果がある成分が記載されています。

この成分で1ヶ月1,800円(1日60円)はめちゃくちゃコスパいいです。

PMS症状で悩んでいる女性は試してみるといいと思いますよ(^^)

女性のミカタはドラッグストアやAmazonなどでは購入できず、公式通販のみでの販売です。