月経前症候群PMSの身体的症状で、人によっては「貧血やめまい」の症状に悩んでいます。

 

貧血やめまいが出るPMS症状はどういうものか、症状を緩和させる方法を紹介します。




貧血や目眩がするPMSの具体的な症状について

生理中はもちろんのことですが、生理前で出血していない時もくらくらしたりめまいがすることがあります。

生理前と、生理が終わってしばらくしてからの二回起こる場合もあります。

元々、生理前に貧血やめまいに悩まされたことの無い女性でも、妊娠をキッカケにして症状が出る場合もあります。妊娠後期に貧血気味になって以降、出産後も生理前になると貧血になるといった具合です。

PMS症状による貧血・目眩は内科の血液検査では把握できないこともあるようです。

血液検査の数値的には問題ないのに、毎月ふらふらする場合には、PMSによる目眩の可能性があります。

 

 

生理前症候群PMSで目眩がする原因

月経による貧血の場合には、まず出血が原因です。

子宮筋腫がある場合などは生理の出血の量がたいへん多いです。

一時間でナプキンから漏れてしまうほどの出血量の時もあり、会社から家に帰るまでの間にナプキンから漏れてしまったこともあります。

やはりそれだけ出血量が多いと鉄欠乏性貧血になってしまいます。

子宮筋腫がなくても、出血量が多いこともよくありますし、食事に気をつけていないとやはり鉄欠乏性貧血になることがあるようです。

貧血ではなくPMSによる目眩である可能性も

鉄欠乏性貧血ではなくても、PMSの症状の一つにめまいや立ちくらみというものがあります。

普通は、こういった症状が出た時に貧血だと判断してしまうと思うのですが、鉄分をとってもとっても改善されません。

PMSの目眩がする症状の原因はホルモンバランスの急激な乱れによるものだと言われています。

ホルモンバランスが崩れると自律神経にも影響が及ぼされますので、自律神経の乱れからめまいなどの症状が出ると考えられています。




めまいがするPMS症状を緩和させる方法

生理の出血による貧血や目眩に悩まされている場合には、やはり鉄分を多く含む食事をすることです。

もちろん、鉄剤に頼ることも最終手段としてはありますが、鉄剤は飲みにくいですし、便秘がちになることがありますので、できれば避けた方がいいです。

サプリメントや注射に頼るよりは食事からとった方がベストだと思います。

レバーはやはり良いです。焼き鳥のレバーなどは鉄分の宝庫ですし消化吸収もしやすいですので、鉄分不足はかなり解消されるはずです。

またパセリを食べるのもいいでしょう。

鉄分と言えばほうれん草を思い出す方が多いかと思いますが、パセリのほうが鉄の含有量がはるかに多いです。

中々多く食べにくい食材ですが、最近流行りの酵素スムージーを牛乳とパセリと一緒にミキサーにかけるて一気飲みすると、無理なく多くのパセリが摂取できます。また、PMS症状が原因の目眩などにも、結局はこの栄養療法がベストだったりします。

バランスの良い食生活や十分な睡眠をとって体調を整えることが貧血以外が原因のめまいやふらつきにも良いようです。

規則正しい生活をしたり睡眠や栄養が十分摂れているとホルモンバランスも乱れにくくなるからです。

参考:PMS症状を総合的に改善するにはPMS用サプリメントがオススメです
⇒管理栄養士が選ぶPMS改善サプリメントおすすめランキング