生理前に扁桃腺がハレる。扁桃腺が腫れるPMS症状の原因と改善方法

こんにちは!管理栄養士として働くPMS改善マニアのマリホといいます。
このサイトは、栄養学の観点から女性の健康について研究している仕事の一環としてPMS改善について私が学んだことを元に書いています。

 

さて、月経前症候群PMSの身体的症状で、扁桃腺が腫れて喉がとても痛くなることがあります。

扁桃腺が腫れるPMS症状はどういうものか、原因や症状を緩和させる方法を紹介したいと思います。

 

参考:PMS症状を総合的に改善するにはPMS用サプリメントがオススメです
⇒管理栄養士が選ぶPMS改善サプリメントおすすめランキング

扁桃腺が腫れるPMSの具体的な症状について

PMS症状の中の一つで、風邪の症状に似た扁桃腺の腫れや痛みが出る事があります。

私も何度も経験していますが、何かを飲み込む時に喉に違和感を感じ、イガイガした状態が続いて、そのうちに痛みを感じる様になります。

鏡で喉の辺りを見てみると、扁桃腺が赤く腫れていて、身体もなんだか怠くて、肩が凝っていたり、頭痛がしたり、時には発熱などの症状も現れます。

最初は、風邪かなぁ⁇と思っているのですが、だんだん他のPMSの症状が現れてきて、生理が始まると扁桃腺の腫れや痛みが引いて行くので、ようやくそこでこれは風邪ではなくPMSによる扁桃腺の腫れだった事に気が付きます。

PMSと扁桃腺の腫れは関係ない様に思われがちなので、原因がPMSだと気が付きにくい事があります。

 

生理前症候群PMSで扁桃腺が腫れるのは免疫力低下

PMS期に扁桃腺が腫れてしまう原因としては、免疫力の低下があげられます。

排卵後のPMS期には、女性ホルモンのうちのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が多くなり、妊娠に備えて子宮周りで非常に多くのエネルギーや栄養素が消費されます。

そうすると体内では様々な栄養素が欠乏状態になりがちです。
特に鉄分が不足しやすく、その結果、多くの女性が生理前になると経験している血行不良、新陳代謝の低下が著しく現れます。

着床準備のために子宮付近で栄養素が集中して消費されますので、身体全体の免疫力は普段より下がり、体の防衛機能が低下してきます。

そして扁桃腺の粘膜が免疫力の低下により炎症を防ぐ事が出来ずに、腫れや痛みが出て来るのです。

さらに生理前は、女性ホルモンの影響により胸から上の体温が上昇し、のぼせた状態になります。
頭痛や咳、扁桃腺の腫れも、のぼせにより、喉の辺りが火照った状態となり現れるのです。

PMS期に扁桃腺の腫れを予防する方法

PMS期に扁桃腺の腫れが出ないように免疫力低下を予防する方法

PMSによる扁桃腺の腫れや痛みを改善するには、どの様な方法が効果的なのでしょうか。

PMS期の扁桃腺の腫れは、女性ホルモンバランスの乱れと栄養素不足による免疫力低下が原因ですので、PMS改善の方法と大きな違いはありません。

身体をいたわり感染しないようにする

まずは一般的な風邪の予防方法が必要です。

扁桃腺の痛みを取り除き、腫れを引かせる事ですが、通常風邪を引いて扁桃腺が腫れた時と同様に、こまめにうがいをすることや、首を冷さない様にストールなどで保護するといいでしょう。

体を芯から温める様な食べ物や飲み物を取り込み、逆に体を冷やす食べ物は避け、じっくりゆっくりリラックスして、体を休め、免疫力を高める様に努めます。

PMSで鬱っぽくなってしまう人は、特に頑張り屋さんが多く、会社などを休むことを遠慮してしまいがちです。
職場や家庭で理解を得られる様に、自分の状況を素直に話し、休む事を伝え、心から気兼ねなくじっくり休む環境を作る事で、改善が早まります。




栄養補給による女性ホルモン乱れの防止と免疫力低下の防止

PMSの根本的な原因を改善するには、必要な栄養素をしっかりとって、ホルモンバランスを安定させて、身体の循環をよくする必要があります。

  1. PMS期の女性ホルモンバランスの乱れを抑える
  2. 栄養素を十分に摂取して血行不良・鉄分不足を補う

これらを改善するには、下記のような必要な栄養素を十分にとることが一番の近道です。

鉄分

鉄分はPMS期に最も不足する栄養素です。ヘム鉄と呼ばれる吸収されやすい動物性食品に含まれる鉄分を摂取しましょう。

鶏肉・豚肉・牛肉などの赤身や魚を食べるようにしましょう。

マグネシウム

ほうれん草や小松菜、煮干し、わかめ、納豆、アーモンドなどに含まれます。
1日270~290mgを目安に摂取しましょう。

ビタミンE

女性ホルモンのプロゲステロンの質と量を良くするためのビタミンEです。
アーモンド、ひまわり油、とうがらし、麦芽玄米、ココナッツオイルなどにビタミンEが多く含まれています。

PMS改善サプリによる補助も効果が高い

上記のような食生活は、私達の普段の生活で取り入れていくのはなかなか難しいものですので、サプリメントによる補助摂取がとても有効です。

PMS改善のための専用サプリであれば、ホルモンバランスの調整とPMS改善に必要な栄養素がまとめて摂取できます。

サプリを1〜2ヶ月飲み続けると、女性ホルモンの乱れや血流の乱れがだいぶ収まるはずです。

管理栄養士の観点から見て最もオススメなPMSサプリ「女性のミカタ」

私は身体面でも精神面でもPMS症状が結構重くて悩んでいました。

心療内科や婦人科に通ったこともありますが、根本的な改善にはならず。。。

そこで飲み始めたのがPMSサプリの女性のミカタ。

nikkei-woman

元々は日経WOMANという雑誌で「PMSを改善させるサプリ」が紹介されていて知ったのがキッカケです。

そこから15商品以上のPMSサプリや医薬品「プレフェミン」などの配合成分を全て比較してみたところ、管理栄養士の私の視点からみて、女性のミカタが成分・効果・コスパが最も良かったです。

pmsサプリの成分比較表
こんな感じでpmsサプリの成分比較をしてみました。

 

飲み始めて1ヶ月くらいで明らかにPMS症状(私の場合は、イライラ・不安感・うつ・関節痛など)が良くなったので、PMS改善には確かに効果があると思います。

PMSサプリの女性のミカタを飲んで3ヶ月目の効果レビュー

こんな感じの袋です。飲み始めて3ヶ月めです。
女性のミカタには、すこやか編・やすらぎ編と2種類があり、それぞれ配合成分が異なります。

すこやか編は身体的なPMS症状向け、やすらぎ編は精神的なPMS症状向けなのですが、どちらもPMS改善に必要な成分が含まれているので、私は両方購入しています。なので、1ヶ月で2袋ですね。

身体的な症状が強い方でも、精神的な症状が強い方でも、両方飲むことを私はオススメします。

PMSサプリの女性のミカタのすこやか編のレビュー

1粒はこの位の大きさです。ちょっと大きめですが、水で普通に飲めます。

PMSサプリの女性のミカタの成分表

成分表には、月見草油(γ-リノレン酸)やチェストベリーエキス、イソフラボンなどPMS改善に効果がある成分が記載されています。

この成分で1ヶ月1,800円(1日60円)はめちゃくちゃコスパいいです。

PMS症状で悩んでいる女性は試してみるといいと思いますよ(^^)

女性のミカタはドラッグストアやAmazonなどでは購入できず、公式通販のみでの販売です。