こんにちは。管理栄養士として働いている30代のマリホといいます。

PMSの精神的な症状で、生理前に「寂しくてたまらない」精神状態になることで悩む女性は沢山いますよね。

「自分のことなんて誰も必要としていないんじゃないか」
「彼と離れたくない、迷惑でも会いたくて仕方なくなる」
「意味もわからず孤独感におそわれる」

私自身もこういった精神状態になって本当に辛い時期がありました。

孤独感を感じて寂しい気持ちになるPMS症状はどういうものか、原因や症状を緩和させる方法を管理栄養士の観点から解説していきます。

参考:生理前の孤独感や不安を解消するにはPMSサプリメントがオススメです
⇒管理栄養士が選ぶPMS改善サプリメントおすすめランキング

寂しさを感じるPMS期

寂しさを感じるPMSの具体的な症状について

PMS期に女性は、情緒不安定な状態に陥ります。

普段よりネガティブな思考に捉えがちになり、ことあるごとに不安になったり、人恋しく寂しくなったりしますよね。

自分でも理由が分からない孤独感におそわれて、友達や彼に電話をしたりして一旦気持ちがおさまっても、またすぐに寂しくてたまらなくなってしまいますよね。

1人で孤独な時って誰でもあるとは思うんですが、SNSの繋がりなどで寂しさを少しでもまぎらわせるようにしたり、なにか夢中になれる事を探して、少しでも寂しさから逃れる時間をつくるように努力はしたり。

しかしPMS期はネガティブ思考になっているので、SNSで他人と自分を比較して意味もなく不幸な気持ちになって悪循環になったり。

女性なら理解できると思いますが、1ヶ月に1回はこういう状況があらわれるので大変ですよね。
毎月起こる事なので、その孤独感やネガティブには打ち勝てないと生活として成り立たなくなったり。

なるべく自立して1人でも解決できないとと思いつつも、彼氏や親しい友人に八つ当たりをしてしまったりして、自己嫌悪に陥りやすくなりますよね。

 

PMS期に寂しくなる原因

寂しさを感じるPMSの具体的な症状について

生理前になると寂しくてたまらなくて辛くなってしまい、生理が始まると落ち着くのであれば、それはPMS(生理前症候群)という症状です。

PMSは、排卵後〜生理開始までの間に、女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)の分泌量が大きく変化することで起こります。

PMS症状は日本人女性の約8割が症状に悩んでいると言われていて、精神的なものだけでなく、身体への負担や不眠にも繋がり、自律神経を乱れさせます。

精神的に不安定な時は誰でも寂しさを感じやすくなるので男性にもあり得る事ですが、女性の場合は毎月サイクル的にそういう時期があり、それは女性ホルモンのバランスの乱れから引き起こされるものです。

なぜPMS期に情緒不安定になるのか

排卵が終わったPMS期にはエストロゲンという卵胞ホルモンが減少するのですが、エストロゲンが減少すると、脳内物質であるセロトニンの分泌も急激に減少してしまいます。

セロトニンとは脳内の三大神経伝達物質の1つで主に情緒安定をつかさどり、幸福感を感じさせることから「幸せホルモン」とも言われます。

このセロトニン量が急減することで、脳内では幸福感を感じる量が下がり、理由もなく孤独感を感じて不幸な気持ち、鬱っぽい精神状態になってしまうのです。

 

さらにPMS期は、妊娠準備のために身体の栄養素の多くが子宮周りに消費されることで、身体が鉄分不足(鉄欠乏性)になります。

鉄分不足になると酸素が全身に行き渡らなくなり、疲れやすい、イライラする、集中力低下、貧血などの症状が現れたり、幸福感と快感を促すセロトニンとドーパミンの分泌量も減らします。

PMS期にネガティブ思考になったり、イライラしたり、不安感に襲われるのはこういった理由からと言われています。

PMS症状で寂しくてたまらなくなる気持ちを落ち着ける方法

PMS症状で寂しくてたまらなくなる気持ちを落ち着ける方法

話す相手がいるのであれば、些細な会話でもいいので楽しむ事で、少なからず心は満たされる場合もあります。
またLINEやTwitterなど繋がりが持てるのであれば、活用するのも心を満たしてくれます。

しかしそれは結局一時しのぎでしかなく、他人に左右されるので場合によっては精神状態を悪化させてしまう場合もあります。

重いPMS症状を持っている人からすると、簡単なコミュニケーションですら、気だるく感じたり、嫌気がさしたりしてしまう人もいますよね。

では根本的にPMS症状を改善するにはどうするのがいいのでしょう。

 

セロトニン分泌を促進させる最も簡単な方法が「日光を浴びること」

セロトニン分泌を促進させる最も簡単な方法が「日光を浴びること」

PMS期にセロトニン分泌量が減少することが、情緒不安定になる1つの主な原因だと説明しましたが、セロトニン量を増やす一番手っ取り早い簡単な方法が「日光を浴びる」です。

曇りの日であっても、日光は十分浴びることが出来ます。
ベランダや公園、自室の日当たりの良い場所などで最低30分は毎日日光を浴びましょう。

注意点としては、日光は目から多く身体に取り入れられるため、サングラスなどはしないようにしてください。

セロトニン不足と鉄分不足を補う食事

セロトニン分泌を促進させる食事

女性ホルモンのバランスが原因の1つなので、バランスをある程度乱さないように心がける事で回避できる事もあります。

セロトニンは食べ物から摂取できるものではありませんが、セロトニンの原材料になる必須アミノ酸であるトリプトファンを多く含む食べ物を積極的に摂取することで、セロトニンを増やすことができます。

食事1つでも、少しはバランスが変えられるので、マグロやカツオ、アーモンド、大豆に含まれるイソフラボンなど多く摂取してみるなどして、生理前だけでも食生活を変えてみる努力も必要です。

大豆製品であれば豆腐や納豆など手軽に摂取できるものも多いです。また間食にはアーモンドフィッシュを食べるなどできます。

マグロやカツオは普段の食生活の中で食べる機会は少ないですが、サプリメントもありますし、切り落としも安価で販売されているので山かけにしたり、そのまま食べたり色々できると思います。

ビタミンB6、マグネシウム、ナイアシンもセロトニン生成に必要です。

鉄分不足には、ヘム鉄と呼ばれる吸収されやすい鉄分を含む肉類・魚類を多く食べるようにしましょう。

PMS症状の改善に最も効果が高いと言われているチェストベリー

ルナベリーに含まれるPMS改善効果のあるチェストベリー

女性ホルモンの分泌バランスを保つ効果があるとして特にPMS研究のさかんな欧米では当たり前のように女性に親しまれているハーブです。

チェストベリーは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量のバランスを整える効果があり、特に黄体ホルモンの質や量が落ちている時に、それを改善する効果があります。

毎日の食生活を改善することでこれらは達成出来るのですが、毎日これらを食事で補うのは正直かなり大変ですので、サプリメントを併用するのが良いです。

私自身は、PMS改善サプリを飲むことで、悩んできたPMS期の不安感・寂しさ・孤独感は最近ではほとんど感じないようになりましたのでオススメです。

管理栄養士の観点から見て最もオススメなPMSサプリ「女性のミカタ」

私は身体面でも精神面でもPMS症状が結構重くて悩んでいました。

心療内科や婦人科に通ったこともありますが、根本的な改善にはならず。。。

そこで飲み始めたのがPMSサプリの女性のミカタ。

生理前に寂しくてたまらなくなってしまう女性にもオススメです。

nikkei-woman

元々は日経WOMANという雑誌で「PMSを改善させるサプリ」が紹介されていて知ったのがキッカケです。

そこから15商品以上のPMSサプリや医薬品「プレフェミン」などの配合成分を全て比較してみたところ、管理栄養士の私の視点からみて、女性のミカタが成分・効果・コスパが最も良かったです。

pmsサプリの成分比較表
こんな感じでpmsサプリの成分比較をしています。

飲み始めて1ヶ月くらいで明らかにPMS症状(私の場合は、イライラ・不安感・うつ・関節痛など)が良くなったので、PMS改善には確かに効果があると思います。

PMSサプリの女性のミカタを飲んで3ヶ月目の効果レビュー

こんな感じの袋です。飲み始めて3ヶ月めです。
女性のミカタには、すこやか編・やすらぎ編と2種類があり、それぞれ配合成分が異なります。

すこやか編は身体的なPMS症状向け、やすらぎ編は精神的なPMS症状向けなのですが、どちらもPMS改善に必要な成分が含まれているので、私は両方購入しています。なので、1ヶ月で2袋ですね。

身体的な症状が強い方でも、精神的な症状が強い方でも、両方飲むことを私はオススメします。

PMSサプリの女性のミカタのすこやか編のレビュー

1粒はこの位の大きさです。ちょっと大きめですが、水で普通に飲めます。

PMSサプリの女性のミカタの成分表

成分表には、月見草油(γ-リノレン酸)やチェストベリーエキス、イソフラボンなどPMS改善に効果がある成分が記載されています。

この成分で1ヶ月1,800円(1日60円)はめちゃくちゃコスパいいです。

PMS期に寂しくなったり孤独感に悩んでいる女性は試してみるといいと思いますよ(^^)

女性のミカタはドラッグストアやAmazonなどでは購入できず、公式通販のみでの販売です。