月経前症候群PMSの身体的症状で、人によっては「むくみ」がでる人もいます。

 

むくみが出るPMS症状はどういうものか、症状を緩和させる方法を紹介します。




むくみが出るPMSの具体的な症状について

全身が非常に怠くなります。

朝起きた時から身体や顔がパンパンにむくみます。

生理前1週間半くらいから、生理3日目くらいまではヒドイです。

何をしてもむくんで怠い状態です。

一日中むくんだような顔で鏡を見る度にゲンナリします。

ピッタリとした服装にするとよりむくんでいると感じます。

お腹、腰回りが常に張った状態で太ってしまったんではないかと思う時もあります。

腕も怠く特に肩、首が常に凝ったような状態になります。

怠すぎて気持が悪く吐きそうにもなります。

指輪も普段のサイズが入らなくなり、指輪が抜けないときもあります(特に酷い時です)

寝るときも足を高くする、使い慣れている枕でないとなかなか寝つけません。

普段から味付けの濃いもの(塩分多め)を食べているのでそのせいもありですが、生理になると余計と濃いもの、こってりしたものを食べたくなり悪循環です。

身体が冷えるとむくみが悪化するようで、冬は特にひどくなります。

 

生理前症候群PMSでむくみが出る原因

むくみの原因は、皮下に水分が多く溜まることです。

普段は、血液から細胞に出る水分量と細胞から血液に戻る水分量はバランスが取れていますが、

体内の塩分濃度が上がると、血液から細胞にでる水分量が増えて、皮下に多くの水分がたまってむくみが出ます。

 

ですので、食べる物の味付けが濃く塩分を摂り過ぎるとむくみの原因になります。

食べ終わると異常にお腹がぽっこり出でいるとおもいますがそれが塩分によるむくみです。

普段から味付けを、なるべく薄くすることによってむくみの改善繋げ身体も楽に過ごせます。

 

また水分がうまく排出できていないことも、むくみの原因となります。

むくみの原因として水分の摂り過ぎを疑う人も多いようですが、逆に水分を摂らなさ過ぎると、体内の水分の排出が頻繁にされなくなり、むくみの原因になります。

こまめに水分を摂り代謝を良くすることが良いでしょう。
さらに筋肉不足もむくみの原因になります。

筋肉があれば血管のポンプをうまく使うことができリンパにたまった老廃物も排出することによりむくみの原因を取ることができます。

締め付けすぎる服装も異常に圧迫をしてむくみの原因になります。

骨盤が緩くなっているのを無理に締め付けすぎると経血を出しきれずより体調不良につながります。

生理中はいつも以上にユルイ服装をする事で圧迫を回避でき、心地よくすごせます。

 

PMSの各症状がむくみが出る原因を誘発する

PMS症状は個人差がかなりありますが、

  • 強い食欲が出る
  • 甘いものが食べたくなる
  • 怠さで身体を動かさなくなる
  • 月経への準備で栄養素が不足する
  • ホルモンバランスの乱れ

などの症状で、前述のようなむくみが出る原因を促進させると考えられています。




身体や顔がむくむPMS症状を緩和させる方法

塩分を控える

まず、普段からの食事です。

味付けの濃いものを、食べている方は少しでもいいので薄味を心がける。

外食は特に味付けが濃いのでなるべく自炊をすることで変わってくるとおもいます。

ファストフードも同じです!!塩分、マヨネーズ、ケチャップ味の濃いものだらけです。

スナック菓子も気をつけたほうがいいです。

 

カリウムを摂取する

カリウムは主に細胞内液に存在するミネラルです。

ナトリウム(塩分)とバランスをとりながら身体の機能を一定に保つ働きをしていて、腎臓を通して余分なナトリウム(塩分)を汗や尿として体外に排出するのを促進します。

 

バナナ、アボカド、きゅうりなどはカリウムが豊富でむくみの改善につなげてくれます。

 

体内の水分の代謝に心がける

水分を沢山摂取して、沢山排出する。体内の水分の代謝を回すことを心がけましょう。

成人の1日の水分摂取量は最低1リットルくらいと考え、こまめに水分をとりましょう。

お酒も体が脱水症状になるので生理中の飲酒も気をつけましょう。

 

血行を良くする

シャワー生活をしている方は、なるべく湯船に浸かること。

シャワーは、体を冷やしむくみにつなげます。

湯船に浸かり身体を温める事により血液の流れを良くし、汗をかくことにより老廃物を出す働きがあります。

可能なら30分程度の半身浴をすると、むくみは大分改善されるはずです。

その際少しリンパマッサージをする事によりむくみをより体調改善する事につなげます。

面倒という方は、足首を回すだけでも、脚の付け根を湯船でさするだけでも違います。

 

身体を締め付けない、冷えない服装に

服装は一日中の事なのでとくに気を使います。

生理中は骨盤が緩くなっている状態なので、無理に締め付けた服装はしません。

スキニーデニムを履いたら、緩いボーイズデニム。ゆったりとしたワンピースを心がけます。

冷えもむくみにてきめんです!

首、手首、足首、おなか周りはとくに温めるようにします。

お腹は、いつもより股上の深いパンツまたは、腹巻をします。

足首は冬だったらタイツにレッグウォーマー、夏ならパンツスタイルにするだけでむくみの改善につながります。

参考:PMS症状を総合的に改善するにはPMS用サプリメントがオススメです
⇒管理栄養士が選ぶPMS改善サプリメントおすすめランキング